転職において29歳と30歳で違いはあるのか?

転職活動を行なっていると、必ず耳にするのがいわゆる「年齢限界説」です。しかし、これは時代や企業のニーズによって大きく変化するので、あまり当てにすることはできません。

およし10年前までは、転職は32歳が限界と言われていましたが、現在、転職市場で成功を収めているのは35歳以上が4割を占めているというデータもあります。しかし、「29歳」と「30歳」では、転職市場では大きく異なります。どのような変化があるのか、少し調べてみたのでまとめてみます。

多くの企業では、年齢を5歳毎に区切り、キャリアを判断しています。20代のうちはポテンシャルを求められることが多いですが、30歳を過ぎると実績、マネージメント、即戦力性など多くのスキルを求められることになります。

20代のうちは、「自分の企業に馴染むことができるのか、向上心はどうか」といった観点からキャリアを判断されることが多く、30代になると「自分の企業にどれだけの利益をだせるのか、業務改善案などはあるか」といった高い視点からの行動や判断が求められることになります。

5歳毎にキャリアを判断することで、人材育成をどのように進めていくのか、それにかかるコストはどのくらいになるのか、などを算出していきます。

当たり前ですが、「29歳」は20代とみなされます。世間では「29歳」というと、「ほぼ30代だよね」などと冗談交じりに言われることもありますが、企業にとっては29歳でも20代は20代といったように判断するということです。

そのため、その人材の将来性や成長性を見込んでいる求人が多く、条件も30歳に比べると易しいことがおおくあります。

29歳の場合、新卒と同じような柔軟性、順応性、さらにそれまでの実績からの成長性を求められることが多く、未経験職種への転職などは30歳を前に行なうと成功することも多いようです。
このときの転職活動では、転職先の業務内容をしっかりと学び、短期間で戦力になってみせるという意気込みが重要と言えます。

よく言われてることでもありますが、「30歳」からの転職活動では、20代と同じような考えで行なうと、間違いなく失敗することでしょう。

先に触れたように、入社してすぐに戦力となるかが重要視されますし、さらには実績を転職先の企業でもきっちりと再現できるのか、といった観点からも評価されることになるので、ある程度、長く勤めていくことが前提となります。

そのことから、頻繁に転職をしている場合、入社しても実績を残す前に辞めるのではないかと、マイナス評価につながりがちです。30代からの転職活動では、実績をPRするとともに、どのような提案をしていけるのかという点が非常に重要となってきます。

20代と同じように転職先の業務内容をしっかりと学んでいくという熱意だけでは採用確率は非常に低くなります。

20代の転職活動では、学習能力を、30代からの転職活動では、総合力を求められると言っても良いでしょう。現在、マネージメント力が高い年齢層の人材が多く求められています。

35歳くらいが相当しますが、この年齢層の新卒時期は就職氷河期だったこともあり、スキルと実績を伴った人材が少ないという傾向もあるようです。そのため、転職市場で成功を収めつつあるという見方もあります。

また、人口の逆ピラミッド化によって、年功序列的であった管理職を役割分担とみなす企業も増えつつあります。かつては「自分より年上の部下を持つことに抵抗がある」と感じていた人も多く、現在でも少なくはありませんが、適正を見極めて人材を配置していくことで、業務の効率化をはかろうとする動きが出ていています。
とくにベンチャー企業などではこの傾向が非常に強いようです。今後、このような傾向は続くのではないかと見られています。

転職活動を成功させるには、自分がどのようなキャリアを望んでいるのかをはっきりとさせることも重要ですが、求められているものについても把握しておくことは重要なポイントになります。

転職市場とは、人材が商品ですから、時代に応じてニーズも変化していきますし、実績やスキルなどでも評価は変わってきます。年齢によってどのようなスキルを身につけていることが期待されているのか、どのような実績を求められるのか、などをしっかりと把握しておくことは、自分の転職を成功するかどうかのキーポイントになります。

自分のキャリア設計をしっかりと立てたあとは、どのような人材が望まれているのかをきっちりと把握して、転職活動を成功させるようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です