運送会社と家電量販店

運送会社って、自分が送るときは選択できるけど、送られてくるときは選択できませんよね。
私が残念に思ったエピソードです。

ある運送会社(A社)は、雨の日の荷物の扱いが悪いのです。
親から送ってもらったお米、雨に打たれてました。
濡れた荷物を拭くわけでもなく、そのまま部屋に運んでおしまいでした。

その時は、1箱30キロで重いから濡れても仕方ないかな、と思いましたが、そのあとにきた、違う運送会社(B社)との対応の違いに驚きました。

B社は荷物が濡れないようにビニールに入れて持ってきました。
伝票も濡れないようにファイルに入れて。

この出来事から、A社に対するイメージが悪くなりました。

家電量販店(C店)についてですが、調子が悪くなったミシンを修理に出した時の話です。

調子が悪くなったとき、保証期間が過ぎていると思っていたのですが、実はその時は過ぎておらず、
保証期間が過ぎてから、当時は過ぎてなかったことに気付いたのです。

母は、ミシンを買ったC店へクレームに行きました。ミシンは母が買ったもので、やはり納得がいかなかったようで、
最初から壊れていたんじゃないか、調子が悪くなったときは保証期間内だったから保証内で直してくれないか、と交渉したのです。

店側の対応は保証期間外なので、有証になります、と。

それはそうですよね。結果的には、傷が見つかったけど、いつ傷ついたものかわからないから有証になりました。
その経過報告だったり、経過報告だったり、電話してくれるのですが、つっけんどんで、とても悲しくなりました。

確かに母はクレーマーみたいな対応をしましたが、結局納得の上で代金も払ったし、郵送代も払ったし、C店にとって損はなかったはず。

私はお客様にそんな対応はできません。これからも利用していただきたいし、そのお客様から他のお客様にも通じるはずです。
ここで、先ほどに運送会社A社が出てきますが、修理したミシンをA社で送るというので、雨の日は送らないでほしいと頼みました。
濡らされて故障でもしたら、大変ですよね。

しかし、C店はそれは対応できないと。

確かにそうかもしれませんが、お伝えしておきます、くらいの誠意がほしかったです。

それぞれ、自分の扱っている商品に対しての愛情が薄いなぁと感じる出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です